迎え火と送り火と



7月、東京のお盆が終わりました。

この期間は、夕方に夫と自宅の庭で迎え火・送り火ともに焚いて過ごします。

きゅうりで馬を、茄子で牛も作ります。

毎年、毎年、必ず行う我が家の年中行事の一つです。

ここ最近は天気の悪い日が続きましたが、小雨降る中で焚く火も悪くありません。


煙るような火の先を見ながら、かつて飼っていた犬たちや、縁があった人たちのことを思い出し・・・。

花や鳥、風、いろいろな形でまたきてくださいね、と心の中で語りかけた夕べになりました。




© 2017 FILAGE