コーヒーの香りと手の痛み



梅雨時のコーヒーショップが好きです。

雨はあんまり好きではないけれど、梅雨独特の湿気と、コーヒーの香りが混じり合った感じは、なかなか趣があるものです。

紙モノの仕事をしているときは、インクと紙の匂いも、湿気のせいか立っている気がします。

人によっては、くせ毛の人はこの時期、大変だといいますよね。

私は神経痛やら頸椎ヘルニアやら、いろいろと痛み持ちなので、梅雨時はパソコンのキーボードを打つたびに、ピンと変な痛みが手の筋や肩に走ります。

不快といえば不快な現象なのですが、私にとっては梅雨の風物詩のようなものでもあります。

「いてて、今年も梅雨が来たな」と、コーヒーをすすりながら実感しています。



© 2017 FILAGE